Vueではプロパティの宣言が大切

宣言したプロパティがオブジェクトであっても、その中のプロパティも先に宣言しておいたほうが無難です。

これよりも

data () {
    return {
        somethingObj: {}
    }
}

こっちの宣言方法にすれば、値の変更で再描画されます。

data () {
    return {
        somethingObj: {
          afterUseProp: ''
        }
    }
}

プロパティが増えてくるようであれば、クラスにしてまとめたほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です