Linux上での仮想環境についてのまとめ

仮想環境はWindowsやLinuxなどのOSを問わず、様々な環境で使われています。

その中でLinux上で利用出来る仮想環境についてまとめたいと思います。

どんなものがあるのか?

まずはLinuxで使用できる仮想環境はどれぐらいあるのか見てみましょう。

  • xen
  • OpenVZ
  • KVM
  • VirtualBox
  • Docker

他にもあるかもしれませんが、およそこの辺りのソフトが利用されています。

結論から言うと

選択肢としてはKVMDockerを選ぶことになるでしょう。

またアプリケーションの開発環境はDockerで、本番環境はKVMといった棲み分けを行うことが多そうです。

KVMは安定のサポート

KVMはLinuxのカーネルにも取り込まれ、開発も継続されています。

今後もサポートが続くと思われるので、将来的に安定した稼働が望めます。

Dockerの手軽さ

Dockerはインフラエンジニアよりもプログラマーよりの技術者に人気があります。

理由としてはその手軽さであり、欲しい環境をコマンド1発で作成するということが可能になります。

LAMP環境のような黄金構成であれば、Docker Hubで探せば簡単に見つかるため、プログラムのテストに最適です。

その他のソフトについて

xen

xenはLinuxに昔からある仮想環境ツールでしたが、パフォーマンスが悪く、今となっては新規で使う理由はありません。

そういった名前の技術があった、という認識程度で構わないでしょう。

OpenVZ

OpenVZは利用が手軽で人気もありますが、基本的にUbuntuでは使用ができないのに加えて、現在利用出来るのはCentOS 6までになります。

今後のサポートに不安があるため、利用するには限定的になりそうです。

VirtualBox

VirtualBoxはWindowsやMac、Ubuntuでも利用ができるため大変便利なツールです。

基本的にはGUIで利用するため、CUIの説明ばかりしているこのサイトではあまり利用しません。

また実際にサーバーを運用する用途では使われていません。

まとめ

Linuxを学習する目的ではどのツールでも問題はありません。

しかし、本番運用を想定したり、仮想ツールの学習が目的であれば、よく選ぶ必要が出てくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です