シェルスクリプトでHello World!

シェルスクリプト書き始めるときの最小限のルールについて書いてみたいと思います。

1行目はシェバンを必ず書く

シェルスクリプトの最初の行には必ず次のような行があります。

#!/bin/sh

これはスクリプトを実行するプログラムを指定しています。

つまり、perlのパスを指定すればperlスクリプトとして実行ができるのです。

bashの場合

shではなくbashが使われているかもしれません。

#!/bin/bash

shでもbashでも使えますが、Linuxの標準はbashですのでshよりも高機能なbashを使うほうがいいでしょう。

標準出力のecho

画面に文字列を出力できるechoコマンドは大変重宝します。

デバッグだけでなくファイルへの書き込みなどにも利用できますので、まずはこのコマンドを覚えましょう。

echo "Hello World!"

実行

作成したスクリプト名はhello.shとしたら、実行するには次のようにします。

sh hello.sh

まとめ

本当にさわりの部分だけ紹介しました。

まどろっこしいかもしれませんが、新しいツールを覚えるときに前提知識が足りてなくて、嵌ってしまうことが私にはよくあります。

同じような思いの方の一助になると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です