moment.jsで日付までのデータを作成する

今の日付時間を取得するなら、次の一文だけで終わります。

moment()

ただこれで作成したオブジェクトは、現在時刻も含まれるため、diff()で比較するときに不便です。

そんなときはstartOf(‘day’)をつけると0時0分のデータが作成できます。

moment().startOf('day')

momnet.jsはオブジェクト本体を変更する

次の操作では最初と最後で出力内容が変わります。
(オブジェクトが変更される)

let momentObj  = moment()
console.log(momentObj.format())

momentObj.date(1) // 1日に設定
console.log(momentObj.format()) // 結果が1日に変わる

元のオブジェクトを変更せずに使いたい時はclone()を使えます。

let momentObj  = moment()
console.log(momentObj.format())

momentObj.clone().date(1) // 1日に設定
console.log(momentObj.format()) // 結果は最初と同じ