Ubuntuでcloudfuseを使ってオジェクトストレージをマウントする

apt-get install build-essential libcurl4-openssl-dev libxml2-dev libssl-dev libfuse-dev libjson-c-dev 
apt-get install python-eventlet python-greenlet python-netifaces python-simplejson python-xattr
aptitude -y install pkg-config
apt-get install make
./configure
make
sudo make install

~/.cloudfuseファイルの認証情報を書き込みます。
認証情報は伏せていますので読み替えてください。

username=gncuxxxxxxx
# api_key=[API key for authentication with Rackspace]
tenant=gnctxxxxxxxxxxxx
password=xxxxxxxxxxxxx
authurl=https://identity.tyo1.conoha.io/v2.0
# region=[Regional endpoint to use]
# use_snet=[True to use Rackspace ServiceNet for connections]
# cache_timeout=[Seconds for directory caching, default 600]
verify_ssl=True
cloudfuse /mnt

CORSの対策

https://stackoverflow.com/questions/35588699/response-to-preflight-request-doesnt-pass-access-control-check

https://stackoverflow.com/questions/32304973/http-options-method-not-allowed-for-users-database-in-couchdb

Javascriptでスクロールを制御する

自分で実装しようと思ったのですが、すでにそういうスクリプトを書いている人がいました。

誰しもがやっているような処理なので、特に人気があるわけでもなさそうです。

https://github.com/jamesplease/prevent-scroll

AnsibleでSSHパスワード認証

sshpassを入れる

事前にsshpassを入れておく必要があります。

Macではbrewの公式にパッケージがありません。
(セキュリティ上の理由で登録されていないようです。)

探したところ、一撃で入れられるコマンドはこちらにありました。

brew install https://raw.githubusercontent.com/kadwanev/bigboybrew/master/Library/Formula/sshpass.rb

パスワードの書き方

hostsファイルに次のように書きます。

your_hostnameとyour_passwordは読み替えてください。

your_hostname ansible_ssh_pass=your_password

クラウドサーバを利用していると画面上からsshキーの追加ができますが、
VPSでは未だにパスワードのみのところが多いです。

ansibleで鍵の自動登録させた後、パスワード認証は閉じるという方法が便利かもしれませんね。

wheneverの初期設定

schedule.rbを生成します。

wheneverize .

config/schedule.rbを次のように修正します。

以下の例は毎分’hello world!’と表示する例です。

every 1.minute do
  command "echo 'hello world!'"
end

crontabを更新します。

whenever --update-crontab

Ubunutuではcronログを/var/log/syslogで確認できます。