claspの基本操作

GAS(Google App Script)はブラウザ上でコーディングするため、いままで使いづらさを感じて手が出せませんでした。

しかし、今年の初めにclaspというCLIツールができてから、状況はかなり変わったといえます。

https://github.com/google/clasp

まずはclaspのコマンドを使えるようにします。

yarn global add @google/clasp

もしくは

npm install -g @google/clasp

アカウントの紐付けを行います。

clasp login

ブラウザが立ち上がり、次のようなメッセージが表示されます。
メッセージにあるようにそのまま閉じて構いません。

Logged in! You may close this page. 

次にプロジェクトを作成します。

clasp create

どのようなプロジェクトを作るか選択が出来ます。
ここではstandaloneを選択しました。

? Create which script? (Use arrow keys)
❯ standalone 
  docs 
  sheets 
  slides 
  forms 
  webapp 
  api 

さて、ここから何をしたらいいのだろうかという感じですので、Hello World!をやってみます。
ブラウザでエディターを開きましょう。

clasp open

次のような関数を作ります。

function myFunction() {
  const hello = 'Hello World!'
  Logger.log(hello)
}

作れたら、実行→関数を実行→myFunction
を押してみましょう。

何も起こらにように見えますが、「Ctr + Enter」を押すとでログが表示されています。

今はブラウザ上でソースコードを編集しましたが、claspはローカルで編集できることに意味があります。

次のコマンドでファイルを取ってきます。

clasp pull

逆にローカルファイルをpushすることもできます。

clasp push

毎回pushするのは面倒です。
保存したらpushされるようにwatchしておくと便利です。

clasp push --watch

ログの確認もできます。

clasp logs