GoogleのOAuth client IDが更新されない時

ページでいうと、こちらからクライアントIDを編集する画面

https://console.developers.google.com/apis/credentials

キャッシュの影響か、間違った情報で認証しようとすると、反映されずに失敗します。

設定がうまく反映されない時はクライアントIDを作り直すのが一番早いです。

Vue jsでアプリケーションがブラウザから見れない時

ボイラーテンプレートで、yarn devなどをすると次のようなメッセージが出てきます。

Your application is running here: http://localhost:8080

ただこれでも見れない時があります。

思いつく原因をいくつか並べて見ます。

ポート番号が被っている

このパターンの場合、そもそも開発サーバーが立ち上がらないはずです。

もしくはよしなに違うポートにバインドしてくれることもあります。

例えば、8080で起動しようとしたが、既に使われていたので8081で変わり起動するなど。

ブラウザのキャッシュが残っている

あんまり考えられないですが、シークレットモードやキャッシュクリアで見れる可能性があります。

回避策

本番環境とは違い、開発環境なので、回避できればなんでも良いわけです。

ポートを占有してみる

勝手に8080で立ち上がるなら、まずは簡易的なサーバーを立ち上げてポートを占有してみたらどうなるのか見てみます。

何でもいいですが、phpでやるならこんな感じです。

php -S localhost:8080

そのあと、nodeを立ち上げてみます。

yarn dev

これでエラーが出れば切り分けができますし、出なければ違う方法を試します。

ポート番号を変更する

何かわからないけれども起動しない。

そんなときはポート番号を変えたほうが早いかもしれません。

ボイラーテンプレートによって違うかもしれませんが、envの設定を変更してみましょう。

次のようキーワードが目安になります。

process.env.PORT

これを変更している値を8081などに上書きして

yarn dev

を実行してみます。

大概これで解決します。

Vue jsでpackage.jsonの情報を読み込む

難しく考えず、requireすれば手っ取り早いです。

例としてはこんな感じ。

<template>
  <div>
    <h1>ホーム</h1>
    <p>Version {{ version }}</p>
  </div>
</template>

<script>
  export default {
    name: 'home',
    data () {
      return {
        version: require('../../../package.json').version
      }
    }
  }
</script>

Droneで終わらないビルドをキャンセルする

なぜかDroneでいつまでたっても終わらないビルドが発生したので、キャンセルしようとしたところ、
キャンセルに失敗するというどうしようもない状況になりましのたで、そのときのメモです。

フォーラムを見ると、テーブルのレコードを書き換えるという荒技でした。

https://discourse.drone.io/t/cant-cancel-builds-with-pending-state/783/4

update builds set build_status = 'error'
where build_status='pending'