GitlabのWikiをgollumで編集したときにエラーが出る

基本的な設定方法はwiki/git_accessに載っています。

GitlabでまだWikiを編集してない場合は上のチュートリアルで事足ります。

すでにWikiを編集してしまった場合、gollumで編集しようとすると、下記のようなエラーが発生します。

Encoding::CompatibilityError at /create
incompatible character encodings: UTF-8 and ASCII-8BIT

解決策はこちらにありました。

https://github.com/gollum/gollum/issues/843

結局、Macで動作確認をして採用を見送ったので、Macでの方法を書いておきます。

brew install cmake
gem install github-markdown
gem install gollum-rugged_adapter

あとはオプションをつけて起動するだけです。

gollum --adapter rugged

canvasで画像を重ねるときの注意

Canvasで画像を描画するときはdrawImageを使います。

context.drawImage

それでは既存のCanvasに画像を追加するときはどうすればいいでしょうか。

同じようにcanvasのcontextを取得してdrawImageを行います。
(当たり前かもしれませんが)

ただこの時に注意が必要なのが、canvas.widthcanas.heightを与える場合です。

1回目は問題ありませんが、画像を追加していく時にこの処理を含めると、前の画像が消えて再描画になります。

electron-vueでnedbを使用する

素晴らしいドキュメントがあったので、忘れないようにメモ

https://github.com/SimulatedGREG/electron-vue/blob/99f044896bf3add09d072e9f278ef9d8380337f4/docs/ja/savingreading-local-files.md

div要素で忠実に改行を行う

white-space: pre-wrapが便利です。

ただし、要素ない文字列に対して忠実に改行してしまうので、内容が大きくなるほど可読性が下がります。

<div class="return-text">街に出かけました。
パン屋さんで食パンを買いました。
家でトーストを焼きました。</div>
<style>
.return-text {
  white-space: pre-wrap;
}
</style>