KVMのVMを複製する

VMのメリットの1つは簡単に複製ができることです。

virt-cloneを使った複製の方法を見てみましょう。

VMを複製する

もう手慣れたかもしれませんが、ドメイン名はvirt listコマンドで確認できます。

virsh list --all
 Id    名前                         状態
----------------------------------------------------
 -     ubuntu1604-original                     シャットオフ

このときに状態が実行中の場合は必ずshutdownをしてください。

virsh shutdown ubuntu1604-original

調べたドメイン名で次のようにコマンドを入力します。

virt-clone --original ubuntu1604-original --name ubuntu1604-clone --file /home/kana/ubuntu1604-original.qcow2

–originalが元となるドメイン名です。

–nameで複製するドメイン名を指定します。

–fileで保存先を指定します。

このような表示が出ればOKです。

Allocating 'ubuntu1604-clone.qcow2'                          | 8.0 GB  00:00:22

Clone 'ubuntu1604-clone' created successfully.

あとは通常通り起動するだけです。

virsh start ubuntu1604-clone

まとめ

virt-cloneコマンドで簡単にVMの複製ができましたが、シェルスクリプトにしてしまえば、もっといろんなことができるでしょう。

有用な使い方があったらサンプルなどを載せてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です