SSHの鍵認証に失敗するとき

SSHの認証に失敗するときのメモです。

ログを確認する

CentOS 7ではサーバー側で次のログを見ることで、SSHに失敗している原因がわかります。

/var/log/secure

ファイル権限の変更

ログファイルに次のような記録が残っている場合、authorized_keysや.sshディレクトリの権限が間違っている可能性があります。

Authentication refused: bad ownership or modes for directory /home/kana/.ssh

次のようにして、ファイル権限を変更しましょう。

chmod 700 ~/.ssh
chmod 600 ~/.ssh/private_key

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です