Rubyバージョン管理のrbenvを設定する

今更な感じもありますが、自分が確認する用のメモとして書いておきます。

rbenvの設定

ダウンロード

まずはgit cloneでソースを落としてきます。

また下の通り、ユーザーのホームディレクトリに置いていることを確認しておきます。

git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv

高速化

次のコマンドを実行しておくと、rbenvの実行速度が上がります。

失敗してもコマンド自体は使えるので問題ないとのこと。

cd ~/.rbenv && src/configure && make -C src

パスの設定

それでは実行パスを通しましょう。

Ubuntu Desktopの場合は~/.bashrcになります。

echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

初期化自動化

次のコマンドを打って初期化のコマンドを確認します。

~/.rbenv/bin/rbenv init

下記の説明の通り、自動的に読み込ませるためにeval “$(rbenv init -)”を.bash_profileに書き込みます。

# Load rbenv automatically by appending                                                # the following to ~/.bash_profile:

eval "$(rbenv init -)"

設定の反映と確認

ここまで設定できたら反映するためにログインし直します。

コマンドが認識しているか確認します。

rbenv --version
rbenv 1.1.0-2-g4f8925a

installオプションの設定

このままだとrbenv installが使えないので、ruby-buildを入れましょう。

git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

これでinstallオプションが使えるようになります。

Rubyをインストールする

ビルドに必要なライブラリ

Rubyのインストールに必要なライブラリを入れましょう。

apt-get install -y libssl-dev libreadline-dev

Rubyのインストール

インストール可能なRubyの一覧を確認します。

rbenv install -l

ここでは最新版のRuby 2.4.0を入れました。

rbenv install 2.4.0

インストールを完了したらどの環境で使用するか設定します。

Ruby 2.4.0を基本にしたいのであれば、globalオプションで指定します。

rbenv global 2.4.0

切り替わっているか確認します。

ruby -v

クリスマスの日付が実にRubyっぽいですね。

ruby 2.4.0p0 (2016-12-24 revision 57164) [x86_64-linux]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です