KVMのインスタンス名を変更する

インスタンスを作ってから名前を変更したくなることはよくあります。

作成後の変更方法をご紹介します。

バックアップの作成

まずはインスタンスの定義ファイルをコピーしておきます。

virsh dumpxml instance_name > instance_name-dump.xml

名前の変更

先ほど取得したバックアップを修正します。

インスタンス名は次の箇所で定義されています。

<name>instance_name</name>

仮想マシンの保存先はsource fileになります。

<source file='/home/kana/instance_name.qcow2'/>

変更したら保存します。

定義の削除・登録

登録されているインスタンスを削除します。

virsh undefine instance_name
ドメイン instance_name の定義が削除されました

これで再登録が可能になりました。

先ほど修正した定義ファイルで登録し直します。

virsh define instance_name-dump.xml
ドメイン new-instance_name が instance_name-dump.xml から定義されました

確認すると登録できるていることがわかります。

virsh list --all

まとめ

修正が少し面倒なのでスクリプトにするなどして利用したほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です