Droneでデータの永続化を行う

volumesを設定する

結論としては、.drone.ymlにvolumesを書くことで実現できます。

リポジトリをTrustedに変更

ただし、設定状況によってはauthorizeでエラーが発生します。

ホストOSにアクセスすることになるので、リポジトリをTrustedにする必要があるとのことです。

リポジトリの画面から
[Settings] -> [Project Settings] -> [Trusted]
で設定を行います。

admin権限も必要

私の場合はここでもエラーが発生しました。

drone.ioのフォーラムを見ていると、adminユーザーでないと変更できないとのこと。

以下はDRONE_ADMINにユーザをadminとして設定する方法です。

  • docker-compose.yml

docker-compose.yml
DRONE_ADMIN=user_name,username@gmail.com

まとめ

だいぶ端折ってますが、Dockerがわかっていないとつらいです。

しかし、逆にいえばDockerに依存しているので、知っている人には簡単かもしれません。